穀物酵素でダイエット

酵素が足りなくなると美容にも健康にもマイナス

体の中には3000種類以上の酵素が存在し、消化酵素だけでも24種類もあると言われている。
消化酵素は食べ物に含まれる栄養素の消化を促進する働きがあることは良く知られている。
ご飯やパンの主成分であるでんぷんは、唾液や膵臓から分泌される消化液の中にある「アミラーゼ」という消化酵素によってグルコースという物質に分解され、エネルギー源として使われたり貯蔵されたりします。
たんぱく質や脂質も同じように専門の酵素が分解を促進することによってはじめて体で利用できる栄養素になります。
ここからわかるのは、いくら栄養に優れた食べ物をとっても酵素がなければ、それを体は利用できないということ。
「酵素なくして生命はありえない」と言われるほど酵素は、私たちが生きていく上で不可欠なものなのです。

 

 

では、酵素がどこから来るかと言うと、基本的には体のなかで作られています。
これは人間以外の動物や植物も同じです。酵素の生産量は、一定になるようコントロールされていて、普段はその量の中でうまく役割を分担しています。
しかし、必要以上に働かなくてはならなくなった場合、バランスを崩してしまうことになり体調を崩したり、健康体でなくなる。
たとえば食べ過ぎると消化する力が足りなくなって消化不良を起こすという具合です。
また、体内での酵素の生産量は、年齢とともに減少するとも言われています。
その上、他のところで使われる予定だった酵素も不足して、結果、新陳代謝がうまくいかずにお肌の調子が悪くなったり、太りやすくなったり、ダイエットができなくなったりあるいは疲れが取れにくくなってしまいます。
こうした不調を予防するために、不足分を外から補えるのが、酵素を含む食品や飲料です。
果物や野菜、発酵食品は酵素を多く含むことで知られていますね。
ただし、酵素はたんぱく質が主成分のため、ほとんどがたんぱく質が壊れてしまうような高温、高酸、高アルカリの条件下では動きが鈍くなったり、失ったりしていしまいます。
そのため、食品から酵素を取ろうという場合は、過熱をさけるなど注意が必要です。