生酵素で痩せる

現代人の食生活の変化が体力の低下に!

肩コリ、腰痛、偏頭痛など、体のどこかしら痛いと言う人がとても多くなっている傾向が見受けられる。
とくに中高年になれば体に痛いところがないという人は、いないのではないのだろうか。
なぜこんなにも肩コリや腰痛、偏頭痛などの慢性的な痛みを抱えている人が多いことか。
これは、日本人の食生活やライフスタイルの変化と深い関係があるようです。
日本人はもともと農耕民族だったので植物性の食材が多い食事をしていたのです。
昭和初期の日本人の食事と言えば魚や野菜が中心で肉や魚の動物性たんぱく質は控えめで、タンパク質といえば豆腐などの植物性たんぱく質がメインでした。
ところが高度成長期を迎えてからは普通に肉を食べ、手軽に食べられるファーストフード店がどんどん増えて、肉や脂質の多い食品を食べるようになったのです。
野菜などのビタミンや食物繊維が豊富な食べ物の摂取量が減っていったのです。

 

 

こんな状況が続くことで、体内にある酵素が減り続け、万年酵素不足の状態の陥り体の不調の原因を作っています。
日本は、世界の中でも驚くほどの長寿国になっています。
これはひと昔前の日本人の食生活が関係していると考えられている。
ですので、日本はこのままの状態がつづいたら、長寿国を維持することはないでしょう。
食生活がガラッと変わって成長してきた人たちが高齢を迎える時には今のような長寿を全うすることはないのではないかと思います。

 

今までの食生活を改めずに酵素不足の状態を続けることになれば平均寿命はこれ以上伸びることはなく、最悪の場合には今までよりも短くなる可能性もあります。
『病は気から』という言葉がありますが、これと同じくらいに『病は食から』という言葉も胸に刻んでおきましょう。