発酵食品で酵素を増やす

酵母の力で健康や美容そして生かされている!

酵素は人や動物などあらゆる生物が生きていくために欠かすことができない成分であることはすでにご存知でしょう。
酵母の力が体内で働くことで酵素が作られ、酵母が酒や味噌・しょうゆ・パンなどの発酵食品も作っている。
食事の中に発酵食品を取り入れることで酵素が体内に作られることになるのです。

 

発酵食品とは穀物や野菜、果実、豆、魚、肉、動物の乳などに麹菌、乳酸菌、酵母菌、納豆菌などを加え、これらの微生物の発酵作用を利用して作った食品です。
発酵食品の代表的なものとして、味噌、醤油、漬物、納豆、日本酒、酢、味醂等が良く知られている。
栄養が豊富である、風味が良く味に変化があり、毎日食べても飽きない、長期間保存ができるという数々の利点によって発酵食品は長年にわたって日本人の食生活を豊かなものにしてきました。
結果、日本人は発酵食品から酵素を取り入れていたのです。

 

 

酵母は手にしてみることができない微生物で主に糖分を分解して主にアルコールにする発酵という能力を持っています。
酵素は食べ物の消化や吸収、代謝をして栄養素を体内に送り込み、不要なものや有害なものの排泄を行うことで病気にならない体内環境を作っている。
人間を含む動物、植物、微生物は、体のなかでそれぞれが生きていくために必要な酵素を作っています。
酵母があらゆる生き物の活動に必要な酵素を体のなかでたくさん作っていてることを利用して、工業的に酵素を作る時に利用されている。
だから酵母は、酵素のお母さんと言えるでしょう。

 

酵素は健康や美容そして生命を維持するのに大切な成分ですが、熱や酸に弱く食べ物から摂取するのが難しいです。
酵母は熱や酸に強くたくさんの酵素を持ったまま体の中に届けられる。
酵母の中でも天然酵母は生きた強い酵母で酵素だけでなくビタミンやミネラルアミノ酸なども体の中に運んでくれます。
酵母が発酵して発酵食品をつくるのと同じように、天然酵母は腸の中でも食べた物を発酵させる働きがあると言われています。
おならや便が臭う人は、腸の中で食べ物がうまく消化されず腐っているのが原因と言われていますから、天然酵母をとれば気になる臭いも解消するかもしれませんね。